団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第792話>映画 「ANPO」

<<   作成日時 : 2010/08/26 19:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

この秋、話題になりそうな映画がある。
「ANPO」だ。
60年安保を題材に ドキュメンタリータッチで
描かれているようだ。

監督・プロデュサーが 日本育ちのアメリカ人
リンダ・ホークランドさん。 興味深い。

思えば団塊世代は この安保闘争の渦中に育った。

学生も 労働者も 一般人も参加した
あの闘争は 何だったのか・・!?
ここはひとつ、イデオロギーを越えて 観てみたい。

2010・9・18 (土) 渋谷アップリング
横浜シネマジャック&ベティほか
全国順次公開だそうだ。

ご興味の向きは
こちらをクリック・・!
映画のHPにリンクです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
60年安保が『ANPO』か。。。
時代なのね!
今の若者は、論争もしないのだろうな。。。
いいのだろうか?
若い時に、論争する必要があると思うが
もうヘトヘト
2010/08/27 07:56
20歳の頃、新宿構内で学生の乱入があって山手線に乗れず、伊勢丹横のバス停まで来たら偶然に姉もいた。とてもエキサイトな頃でした。東大の安田講堂の放水もあり、青学はフォークにいそしんでいたり〜魅力的な街でした。
雪の精
2010/08/27 08:17
60年安保の時代が有りましたね!
映画「ANPO」是非見てみたい。
今の青年は何を考えているのかな?
森孝の豊
2010/08/27 15:40
ANPOとアルファベットになると別物のような気がします。敗戦国日本がアメリカの傘の下で生き延びていく、手段だったのでしょう。そしてそれが永遠、と単純に思っている日本人が大多数だと思います。日米関係は大切だけど、しかし議論はいつも必要だと思います。
What's up?
2010/08/27 19:27
もうヘトヘトさん♪
先日、NHKラジオに監督が出演されていました。
沢山の若い人にも観て欲しいとのコメントでした。
はぎさん
2010/08/28 06:54
雪の精さん♪
映画を観られるとその頃の場面もあり感じられることも
多いかと思います。日本がとても熱い頃でしたね。
はぎさん
2010/08/28 07:01
森孝の豊さん♪
名古屋ではまだ未定のようですが、年内には
上演されるはずです。私も観たく思っています。
はぎさん
2010/08/28 07:05
What's up?さん♪
「安保」の言葉すら知らない若い世代が多くなりました。
ひとつ肩の力を抜いて、映画を観たいものです。
はぎさん
2010/08/28 07:14
私は、学生運動が始まる頃新宿で仕事をしていた。
日大の江古田封鎖も見たし早稲田大隈講堂付近での内ゲバもみた。
地下鉄の乗っていて、催涙ガスの被害にもあった。
時代は、変わったね。
山羊座
2010/08/28 22:22
山羊座さん♪
良い悪いの話は別にして、若者達に元気がないのは最悪です。
ヘルメット、角材、アジ・・今の若い連中は知らないでしょうね。
はぎさん
2010/08/29 18:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第792話>映画 「ANPO」 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる