団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第883話>全国災害無線通信網の確立を急げ・・!

<<   作成日時 : 2011/04/17 17:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

どこの市町村にも ひとつぐらいは行政(防災)無線が 
設置されていることは ご存知だろう。
その多くは市町村役場内、付近に設置されている。
が、災害時に その設備が活躍した話は 
あまり聞かない。 何故だろうか・・?

理由は周波数(チャンネル)が 全国バラバラで、
設備も特定の者以外には 操作が出来ないからだ。
県庁を中心に周波数が 設定されているようだ。
これでは何の為の 無線設備なのかわからない。
今のままではこれからも 東日本大震災のように 
救援を待つ陸の孤島が あちこちにできてしまう。

「なんとか、被害状況を発信したかった・・!」
とは孤立した町役場の 職員の話だ。
自衛隊の救援ヘリコプターが来るまで
待ち続けたそうだ。

いつでも誰でも 無線設備を操作できて
はじめて「災害用無線」だ。
設置場所は 高い所が良いだろう。
有線電話が不通になった時、自家用発電機が
作動して自動的に 無線通報ができる設備への
改良はそれほど 難しい話ではない。
「他県で起きている災害は知らない・・」
では済まされない。
全国統一の周波数(チャンネル)の確保、
通信網の確立が 今こそ必要だ。

道楽で40年もHam(アマチュア無線)をやっている。
Hamバンドでは 非常用周波数を連盟が
自主設定している。 総務省をはじめ 
関係機関の再考を お願いしたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の震災で電気が無いと何も出来ない現実を知りました。ケイタイ、パソコン、TV、ラジオ、全部電気です。停電も何の予告無しに停電になります。いつ復旧するかも判りません。一般市民と同じレベルに地方行政がなって何の情報発信もありません。変なうわさが流れてきます(停電は1ヶ月は継続する?、放射能がひどいので関西に逃げている人が多い。--現実に聞いた話です)危機に対応できる情報機能が無いとうわさが不安を呼びます。幸い私はラジオ好きでラジオの情報に助けられました。
What's up?
2011/04/17 19:50
いろいろな意味で、縦割りなのか。。。
もうヘトヘト
2011/04/17 23:24
自家発電は電気が消えたなら、それに反応して即動き出すものは大変実績があります。そういえば、災害時の連絡の取れない地区問題は新潟の内陸地震から問題になってましたね。いい提案ですね。国も動いてもらいたです。
さとし君
2011/04/18 01:22
What's up?さん♪
時々、このブログで災害時の携帯は役に立たないと言ってきました。
「有線」の物はすべてに言えますね。電源があればラジオは貴重な
情報源ですよね。一局が災害で放送出来なくても他局があります。
「ラジオを持って外出」これが良いかも知れませんね。
はぎさん
2011/04/18 18:58
もうヘトヘトさん♪
その通りです。それと全てが「想定内」でのプランです。
災害はすべてが想定外のはずです。それを縄張り(?)で決めたら
これからも災害は止められません。
はぎさん
2011/04/18 19:01
さとし君さん♪
自衛隊の情報、警察・消防庁の情報だけでは時間がかかり過ぎます。
山梨の災害通報が東京でも名古屋でも瞬時に受信出来るような体制
こそ必要だと考えます。それを可能にするには 同一チャンネル、
周波数で交信が出来る体制が必要でしょうね。
はぎさん
2011/04/18 19:12
想定内のことしかやらないから こうなっちゃう 自然は そんなに優しくない
seizi05
2011/04/18 20:22
seizi05さん♪
災害対策とは
「想定外を想定して準備しておく」ことですね。
はぎさん
2011/04/18 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第883話>全国災害無線通信網の確立を急げ・・! 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる