団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第887話>ライフラインになったコンビニ

<<   作成日時 : 2011/05/01 11:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 22

古くから お付き合い頂いている お方ならご存知だが
オイラは商いの世界に 身を置いている。
商いの世界と言うのは 「風が吹けば桶屋が儲かる」式の 
様々な世間を反映する業界だ。
俗に「流通業」と言うが まさに「時代対応業」だ。

さて、以前にも書いたことがあるが この世にコンビニが
現れた頃に 広告分野でその業界に 関わったことがある。
コンビニとは何んぞや・・? と机に高く積まれた資料を
読んだ日々を 昨日のように思う。

そんなある日、妻の実家の義母が ひとりでやっている 
田舎の「なんでも屋」へ 立ち寄った。
地下足袋からタワシ、お菓子から調味料まで 
村の人達が 必要な物を 何んでも揃えていた。
あぁ、コンビニとは これだ・・! と思った。

練炭火鉢に鍋を置き 「おでん」も売っていた。
夏はカキ氷、トコロテンは 村の子供達にも人気だった。
親しい村人が来ると 義母は一緒に お茶を飲んでいた。
そんな思いを胸に コンビニの開店広告を 考えたものだ。
が、街のコンビニは なかなか認知されなかった。
値段が高い 電気の無駄遣い 不良少年達の集合場所・・
と悪評のほうが 多かった。

大震災発生と同時に 人々が走ったのが コンビニだった。
電池 米 お菓子 タバコ ローソク 水・・など 
とにかくコンビニへ走った。
各社本部は 緊急事態を叫び 輸送体制を変えて
商品を供給しなければ ならなかった。
どっと押し寄せる人々の波に 対応出来ない店もあった。
電気 ガス 水道・・のライフラインに 
コンビニを 加えなければならない 今回の大震災だった。

それにしても 「我欲」と言うか 
買いだめ行為に 我々はいつも泣かされる。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
自衛本能 人間 結構 弱いもんなんですなー やらないようにするには かなり勇気が要ります 
seizi05
2011/05/01 17:20
地震のあった夕刻何度も来る余震に不安で車で過ごすかも知れない
と思いガソリンを満タンにしました。
翌日からガソリン不足が発生しました結果オーライでしたが
不安から来るものですねその他のものは買わずに何とか過ごしました。
近所のコンビニ閉じました明るかったのに今は真っ暗ないと不便
ですね。
はっ君
2011/05/01 18:42
買いだめをしないで、いつもどおり買っていればトイレットベーパーがなくなったりしなかったのに。
被災地に送らなければならない単1電池がなくなったりしたのはなぜだろう。
moumou.h53
2011/05/01 20:18
今回の災害にて思ったこと。ああ東京人のせわしなさ、

2011/05/01 20:38
なぜ、買いだめするのでしょうね。
私は、ものを捨てたくても捨てられないで困っている。
ここに、さらに物を買いだめするなんて考えられない。。。
もうヘトヘト
2011/05/01 23:49
♪はぎさんへ
皆んな・・・自分の生活が第一なのだ(*^_^*)
バカボン
2011/05/02 09:52
アメリカの「本場セブンイレブン」って 今の日本の「セブン」とは ぜんぜん違う「店」だったらしいですよね! だから 今の「コンビニ」は「日本的何でも屋」なんですよね! で・・・名の通り「7時から 11時まで」でも いいような・・・・(現実には「5時から1時」ぐらいか?)
よんちゃま!
2011/05/02 12:09
seizi05さん♪
何事もテレビが放映した後は遅いと思ってください。
いつも泣かされています。テレビには。
はぎさん
2011/05/02 18:46
はっ君さん♪
よくぞガソリンに気づかれました。私、毎日立ち寄るコンビニです。
閉店するとそれなりに寂しいでしょうね。
はぎさん
2011/05/02 18:51
moumou.h53さん♪
どんな時にも冷静さが大切です。供給側にいる為かいつも
「またかー」で終わっています。その昔のオイルショック
も忘れられない出来事です。
はぎさん
2011/05/02 18:56
遼さん♪
都心のコンビニは品不足が多かったようですね。
はぎさん
2011/05/02 18:59
もうヘトヘトさん♪
買い占める人々のパワーには驚かされます。何かに取り付かれた
かのように必死に買って行かれます。まるで宗教です。
はぎさん
2011/05/02 19:15
パカボンさん♪
まぁ、否定はしませんがね。ただ驚くばかりです。
はぎさん
2011/05/02 19:17
よんちゃま!さん♪
国内のコンビニは和製コンビニですよね。方式、看板は契約
されていますが、内容は日本人の生活に合わせてありますよね。
はぎさん
2011/05/02 19:23
買いだめは人間の不安心理から来るのでしょうね。わからないわけではないですが、せめて震災時には最低必要なものだけを揃えて満足していただけたら、と願ってます。
arara
2011/05/04 05:02
araraさん♪
無責任なテレビ報道に買占めが始まりました。ついに、お1人様○個
までの制限をしました。安心ください!商品は充分にあります!と言え
ば言うほどにエスカレート。オイルショック以来の出来事でした。
はぎさん
2011/05/04 06:46
停電でも、店先に机に電卓を置き、少ない品物を販売していた「コンビニ」をみて、ああ、少しずつ元に戻っていると安心したものです。
昔、日本のコンビニはアメリカのガソリンスタンドのお店と似ていると思いました。24時間、数は少ないけどなんでもありました。
What's up?
2011/05/04 10:49
What's up?さん♪
昔のコンビニはそんな感じでしたね。FCシステムそのものに馴染み
がなくて、酒屋、米屋の免許を持つ店舗が本部から契約のターゲット
にされました。オーナーも横柄なお方が多かったように思います。
震災→コンビニ 時代は変わりましたね。今、何処の店舗もLED照明
に急いで変換しています。
はぎさん
2011/05/04 13:47
 コンビには確かにコンビニエンス。
 利用するのは年に数度ではあるが近くにないと不便に感じる。
 ご当地のコンビにの流行り廃りの早いこと、コンビにが一軒つぶれるたびに自殺者がひとり増える。
 新店舗を出し続けないと倒れる、まさに自転車操業状態と聞くが、本部はマルマル太って右肩上がり。
 近くのつぶれた店舗を引き継ぐ勇気あるオーナーさん募集中。
jisei
2011/05/06 16:45
jiseiさん♪
商いの世界には「売れることが正しい」との言葉があります。どんな
立派な理論を並べても売れる、売れ続かなければ商い(飽きない)では
ないとの教えでしょうね。FC契約の内容は血も涙もない厳しいもので
す。それを実践出来るかどうかが店オーナーの力量でしょうね。
求める大衆(顧客)がいる現実はもう否定出来ない時代になりました。
はぎさん
2011/05/06 18:42
はぎさん〜、遅いコメントすいません。コンビニでは一つきがかりにいつも思うことが。オーナーの緊張した顔です。いつでも。。そんな顔ですし、客との会話も避けるほどの気持なのでは?FC契約の厳しさを感じます。今僕が使ってます店の直前は、契約が切れるのを待ってましたとばかりに閉店しました店を改装し、オーナーが変わった店です。建築工事は経験ありますが、別段規制はなく、問題はパラペットの看板ですね。^^
さとし君
2011/05/07 19:31
さとし君さん♪
コメントありがとうございます! コンビニのキーポイントは「人」
でしょうね。綿密な市場調査の上にFC本部は開店を決めますが、人の
問題は店長(店の経営者)です。従業員を見れば店長の商センスがわか
ります。商売嫌いな店長の下では従業員も嫌々の対応です。(笑)
「看板」は本部指定の物、場所ですよね。都会でも田舎でも私が関わ
ってきた看板を見るとホッとしますよ(笑)。新聞、手紙、宅配、振込
ATM・・いやはや昔とは変わりました。
はぎさん
2011/05/08 07:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第887話>ライフラインになったコンビニ 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる