団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第900話>薬を知らない医者

<<   作成日時 : 2011/06/11 20:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 24

訳あって、いつもと違う総合病院 若いドクターの 
診察をうけた。 オイラ 「お薬手帳」を見せた。
ドクターはパソコンで 薬を検索の様子。

ドクターは 年長の看護師を呼んだ。
「知ってる・・?」の声。 看護師の説明 ヒソヒソ・・ 
オイラの胸はドキドキ・・

帰り道、知り合いの薬剤師へ

○○病院の医者 この薬、知らないってよ!?

・・うん、かも知れないね。

エッ!?・・知らない? どうして?

若い医者は 知らないかもな。

そんなこと、あるの? もう、6年も飲んでるよ!?

古いんだよ、その薬は・・。

古い? 賞味期限かい・・?

いや、医学部で 教えてないかもと言うこと。

へぇー、そんなこと あんの・・?

最近は多いね・・そう言う話。 新薬、新薬で。

ふーん。

この頃、
「薬を知らない医者」の話を聞くが 本当のようだ。

担当医が変わった時は 尋ねてみよう。

「先生、正露丸は ご存知ですかぁー!?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、知ったかぶりされるより、いいかも。
パソコンの画面ばかりみて、患者の私の顔を診てくれない先生いますね。
What's up?
2011/06/11 22:00
あはは〜 正露丸。知らなかったりして。赤チンも知らないでしょうね。
薬剤師は、すごーく勉強してますよ。医者は、任せっきりなのでしょうね。怖い怖い。
話違うけど、老年の医者は電子カルテが苦手でね。すぐに看護師を呼んで、「予約って、どう入れるんだっけ?」みたいに訊いてます。
老いも若いも、苦手分野があるってことですかねえ。パソコン使えなくても医者はできるけど、薬くらいは知っててよねーって思いますけどね。
yu_mama
2011/06/12 09:00
What's up?さん♪
ジェネリック(後発医薬品)は医療点数が少なくて開業医をめざす
医師はどうしても新薬に目がいっているようです。その新薬が体
質に合わなくて私の主治医は昔からある薬を投与してくれている
ようです。ええ、私の家計情況も理解されて・・。先生は聴診器
を必ずあててくれます。不思議と安心します。病は気から。
はぎさん
2011/06/12 09:55
yu mamaさん♪
その昔、クレゾールが病院の匂いでした。病気持ちはあの匂いだけ
で治りました(まさかー!)。私の主治医は70歳半ばです。話を聞く
だけで治ったような気になり不思議です。薬についての疑問は薬剤
師のほうが丁寧に説明してくれますね。それにしても同じような薬
でも体質に合わない薬がありますね。私は人間が古い為か昔からあ
る薬が合っているようです。
はぎさん
2011/06/12 10:08
 正露丸のもともとの名前は「征露丸」、日露戦争時日本の兵隊が携行した下痢止め薬、ロシアを征するから来ていると聞いたことがあります。
 真偽のほどは?
jisei
2011/06/12 11:35
jiseiさん♪
真偽は知りませんが、そのような説がありますよね。私が知って
いるのは正露丸裁判ですね。あのラッパとひょうたんの。息の
長い薬はそれなりに優秀だと思いますよ。
はぎさん
2011/06/12 17:30
30年以上病院など行ったことはないですが
ドクターは日々勉強の毎日で大変みたい
ですね!処置法も昔とはだいぶ変わって
きていますから・・・。
キョンタ
2011/06/12 17:52
キョンタさん♪
医療の世界も移り変わりが激しいようです。昨年、私の兄が脳の
手術をしましたが、ドクターと会話をしながらの手術だったそう
です。想像しただけでもゾッとします。
はぎさん
2011/06/12 18:34
医学部もゆとり教育だったんでしょか…
娘は「正露丸」飲んで酷い皮膚炎になりました。
あれはどうも毒をもって毒を制する型のお薬のようです。
昔は何かって言うと「正露丸でも飲んどけ」でしたけどね。
siron
2011/06/12 22:18
スイス人のわが夫、正露丸とアンメルツ・ヨコヨコのファンで、《日本勤務の頃から》私の里帰りには注文を出しますよ。
arara
2011/06/12 23:17
ご無沙汰していました。
チョット、恐ろしい話ですね。
「正露丸」知らないと、もぐり・・と言われますね。
山羊座
2011/06/12 23:43
「龍角散」も 知らんな・・・たぶん・・・(笑)
よんちゃま!
2011/06/13 01:11
sironさん♪
はい、仰る通りでした。腹の調子が悪い時は正露丸でした。
良いとされる薬でも体質によって違うようですね。
はぎさん
2011/06/13 07:03
araraさん♪
おっ、そうですかー! 正露丸を忘れると家に帰れないとか・・?
あの独特な匂い。子供の頃、虫歯にもアレを潰してスリ込みました。
不思議と痛みがなくなりました。持っていても損しない薬ですよね。
はぎさん
2011/06/13 07:12
山羊座さん♪
「お薬手帳」は必ず持って診察を受けたいものです。特にいつもと
違う病院では。医薬分業の時代になり、いつも処方している違った
薬だと??のドクターもいらっしゃるようです。
はぎさん
2011/06/13 07:18
よんちゃま!さん♪
歌手、アナウンサーなどの必需品が龍角散ですね。
なぜか、病院ではトローチが処方されますよね。
はぎさん
2011/06/13 07:22
夏の怪談話のような。。。
もうヘトヘト
2011/06/13 10:04
もうヘトヘトさん♪
いえいえ本当の話です。
国会議員と違って嘘は申しません。はい。
はぎさん
2011/06/13 10:40
はじめまして!
私も似たような事を経験しています。
目の前で薬辞典のような本(参考書?)を出して調べていましたよ。
出された薬も?もので薬局の薬剤師が再確認していましたが。
最近は医師もピンからキリまでで、中には落ちこぼれでやっと医師になったのもいるでしょうから。(どうせなら良い医師にあたりたいものですが)
ただのいなかもの
2011/06/13 10:54
「ただのいなかもの」さん♪
はじめまして! で、でしょ!? 実は私は二度の経験があります。
一度は薬の現物をお見せしたら、何やら分厚い本を取り出して・・。
処方医の名前を告げましたら何故かあわてて「結構です!この薬が
一番です!。何が結構なのかサッパリわかりませんでした。
はぎさん
2011/06/13 11:37
若しかして 正露丸 は 医者は知らないかも?
アスピリンも? DDK? DDT? も!
トラカムト? トラカブト? の洗浄薬も?
案山子
2011/06/13 21:51
トラホームの洗眼液ですが…
案山子
2011/06/14 13:04
案山子さん♪
その昔、アスピリンは万能薬のように言われました。DDTは
市販されているのでしょうか?赤チンも無いし、オキシドールも
何処へやらです。昔の子供、トラホームが多かったような・・。
はぎさん
2011/06/14 18:38
遊哉さん ロボットさん 秋桜さん sironさん
katuさん キョンタさん naominさん 他皆さん
気持玉ありがとう!!
はぎさん
2011/06/14 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第900話>薬を知らない医者 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる