団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第920話>線香花火

<<   作成日時 : 2011/07/22 19:07   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

子供の頃
色々な花火があったなぁ〜
打ち上げにドラゴン
ネズミにヘビ
煙幕に・・
B弾もあったなぁ〜

けど、1番に
好きだったのは
やっぱり 線香花火だった
火をつけて
しばらくすると
チカチカ・・
チカチカ・・

終わったかな?
と思うと また
チカチカ・・シャカシャカ・・
シャッ・・シャッ・・
まん丸の火の玉が
ポツン
そして、シュ〜ン!

今、ふたりだけ
ラブラブの夏 素敵な夏

うちの奴に言った
線香のやつ買って来るよ
エッ、墓参りに行くの・・・?
ドッと汗が出た。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
線香と聞けばどうしてもそっちを考えてしまう年齢になってしまいました。
 庭先で子供が集まって花火。考えれば何でも無いことだけど、胸がわくわくしていたなー。
What's up?
2011/07/22 19:18
私はロケット弾とBB弾でした。ロケット弾を10本ほど束ねて高く打ち上げてやろうと思いやって見たが見事失敗!!、
今度はロケットのように2段式を考えたが・・・
あの頃は冒険心が有ったが、子供が出来て夏の夕方には花火を良くやったが
親父に似て息子達は高く上がる筒の長い花火が好きだった。
うえちゃん
2011/07/22 20:12
>エッ、墓参りに行くの・・・?
もうヘトヘト
2011/07/22 23:52
そうですね〜!ちょっとした判断違いですが、大きな誤解を生む所でしたね。線香花火はあのはかなさが持ち味ですね。
arara
2011/07/23 00:49
 花火もやりづらくなりました。
 家が建て込んで煙を出すとお隣からクレームが来そうで。
 もっとも花火を愛でる余裕もなくなりました。
 浴衣を着て若い姉ちゃんが花火をやるなんぞは風情があるんですがねぇ。
jisi
2011/07/23 15:40
What's up?さん♪
子供の頃の思い出は「岡崎の花火大会」です。トラックの荷台に
乗って集落の人達と見に行きました。姉が勤めていたフジボウの
仕掛け花火を今も覚えていますよ。
はぎさん
2011/07/23 18:58
うえちゃん♪
似たような事を悪ふざけでやりましたよ。竹筒で銃を作ってその中
に花火を入れて遊びました。怪我がなかったのが不思議です。
打ち上げ花火は値段が高くて、なかなか買ってもらえませんでした。
はぎさん
2011/07/23 19:02
もうヘトヘトさん♪
ガッカリだよねー!
はぎさん
2011/07/23 19:05
araraさん♪
線香花火の歴史はかなり古いようですね。
浮世絵などにも夏の風物として描かれています。ドーンもいいけど、
パシャ パシャも良いです。
はぎさん
2011/07/23 19:09
jiseiさん♪
今では子供が遊んでいるんだからと寛大なお隣さんも少なくなり
ました。嫌な時代になったものです。集合住宅、マンションなど
のベランダで線香花火を一家で楽しむぐらいです。
はぎさん
2011/07/23 19:19
今二人だけの夏・・・
いいな、ラブラブで
大事にいきましょう・・でも墓参りはやめてね。
山羊座
2011/07/24 23:26
山羊座さん♪
女性が持つ線香花火は絵になりますが、
男が持つ線香花火は?楽しい夏をお過ごしください。
はぎさん
2011/07/25 19:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第920話>線香花火 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる