団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第1017話>登り窯跡 (瀬戸市)

<<   作成日時 : 2012/11/27 11:19   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

                     自宅から車で 10分ぐらいの所に
                     愛知県立陶磁器資料館がある。

                     TV番組 「お宝鑑定団」の 中島先生も
                     "いい仕事"を 見つけるために
                     時々、来館されているようだ。
                     そんな施設の一隅に こんな穴がある。
画像

                     鎌倉、平安時代の 登り窯跡だそうだ。
                     学術的にも 貴重なものだそうだ。
                     上の画像が 窯の入口で
                     下の画像が 煙突方向 (上の方)になる。
画像

                     陶器の町 瀬戸市に住んで30年。
                     まったく興味がなかったが、
                     抹茶々碗でも 集めてみようか・・?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 いわゆるセトモノなぞと軽くみてはいけません。
 しかし、今では茶碗も皿も100円ショップで結構いいものが売っています。
 本場瀬戸も対抗するのが大変でしょう。
jisei
2012/11/27 14:32
セトモノの町、この間TVでみましたが、セトモノを作る会社が減っているらしいですね。伝統の技術を受け継ぐ人も減っているとか、頑張ってほしいです。
What's up?
2012/11/27 18:52
鎌倉・平安時代からですか。すごいですね。人々が真っ黒になってここで仕事をしてあちこちに販売していたことを想像すると、その時代にはどんなにか貴重品だったろうか、と感じます。貴重な写真をありがたいです。 なかなかこういうところまではいけませんから。
arara
2012/11/29 00:14
jiseiさん♪
うちも100円ショップを時々利用していますよ。
けっこう使える器があって、買って帰ります。
陶磁器の輸出はもう数10年前からダメなようです。
はぎさん
2012/11/29 07:31
What's up?さん♪
地場産業の活況は難しいところでしょうね。円高だけの
理由ではないようです。一方で個人で作陶に励む若い人
達がいらっしゃるようです。
はぎさん
2012/11/29 07:38
araraさん♪
秀吉、信長以前の窯跡ですから貴重なものだそうです。
当時は草木が生い茂る山の中のはずで、先人達の苦労
が偲ばれます。
はぎさん
2012/11/29 07:43
そうです 年齢が そうさせるのです さからっては いけません
seizi05
2012/11/30 19:42
seizi05さん♪
若い歳にあった茶碗が なかなか見つかりません。
はぎさん
2012/12/01 08:11
♪はぎさんへ
急に寒くなりましたな(*^_^*)
バカボン
2012/12/01 19:45
バカボンさん♪
朝、布団から なかなか出られません!
はぎさん
2012/12/03 18:36
昔の人の工夫は凄い物があります。
今じゃ、電気で焼ける時代。
当時の登り窯見てみたいです。
山羊座
2012/12/05 12:48
山羊座さん♪
瀬戸市にかぎらず登り窯はあちこちにあったようです。
山麓をうまく利用しての平安、鎌倉時代の窯が今も
残っているなんてロマンです。
はぎさん
2012/12/05 17:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第1017話>登り窯跡 (瀬戸市) 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる