団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第1031話>故郷の春をたずねて

<<   作成日時 : 2013/02/14 08:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

                  あの頃、子供の頃は
                  町の子と違って 遊び場は 山や川だった。
                  下の写真は ガキ大将達のグランドだった。
                  つまり、草野球などで 遊んだ広場だ。
画像

                  大きな杉の木が2本 デーンと立っている。
                  記憶を辿ったが その存在を 覚えていない。
                  たぶん、子供の背丈もないような 樹木だったのだろう。
画像

                  この石積みを挟んで 建物が16世帯分あった。
                  あの時代にしてはモダンな コンクリート造の2階家だった。
                  親父の会社々宅で オイラん家も その中にあった。
画像

                  草むらの中に しっかりとした石段が残っていた。
                  この石段を 何度上ったり 下ったりしたことだろうか。
                  元気なガキ大将達の声が 今も聞こえてきそうだ。
画像

                  どこにも家がない・・! と思って、広場の反対側を見た。
                  2軒・・3軒・・と 新しい家が建っていた。
                  新しい時代の 新しい家族が住んでいた。
画像

                  見つけたぁ〜! ツクシを5本・・6本・・・
                  故郷に春が すぐ そこまで来ていた。 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
私の田舎もすっかり変わっています。我が家の近所は多少住民が増えた程度ですが、JR岡崎駅に近い方は住宅だらけになっています。
でも変わっていないのは川の流れ、最近はきれいな水に戻りました。
What's up?
2013/02/14 10:05
 ♪ウサギ追いし彼の山・・・、ふるさとは遠きにありて思うもの。
 すっかり歳をとってしまいました。
jisei
2013/02/14 15:04
What's up?さん♪
故郷の山や川を見るとホッとするのはきっと心が
子供の頃に戻れるからでしょうね。
はぎさん
2013/02/14 17:26
jiseiさん♪
遠くではないのですが、私の故郷はふだんは見る
ことが出来ません。時々訪ねるとホッとします。
はぎさん
2013/02/14 17:30
のどかな風景の中で幼少期を過ごしたのですね。山や川は変わらなくても家はどんどんと建て変わっていきます。人もどんどんと入れ替わっていきます。それが定めなんですね。
arara
2013/02/14 20:08
幼い頃バスにゆられて山の中の一軒屋に行きました。
母の実家です。 バス停から歩いて20分位山に入り小高い丘に
ありました。 小さな川で魚を釣り泳ぎ飼育しているヤギの乳を
飲み 野うさぎを遠くで見て夜はカエルの子守唄で寝ました。
今母は亡き実家も過疎化で町に引越し思い出だけが残っています。
何十年も過ぎバス停から実家に入る道に立ち寄りました
どうしょうも無い熱いものがこみ上げてきた事思い出します。
はっ君
2013/02/14 21:50
araraさん♪
この先に谷川があるはずです。池があるはずですと今住んで
いらっしゃるお方に言うと不思議そうに私を見られます。
自然と私の体験的昔話になってしまいます。
はぎさん
2013/02/15 07:05
はっ君さん♪
わかります。そのお気持ちを。今は草むらになってしまった
ところをずっと入って行くと子供の頃に遊んだ防空壕の跡な
どがあります。池もあり、そこで泳ぎました。
はぎさん
2013/02/15 07:09
はぎさん〜、唱歌「故郷」そのものの風景ですねー。里山、林、小川、草むら、広場。。僕なぞ産まれたところに住んでいることは、ありがたいと思わなくては。。
さとし君
2013/02/15 18:51
さとし君さん♪
子供の頃に住んでいたところは草むらになってしまって
建物はひとつも建っていません。何かにつけてその地に
立つと「しっかりせねば・・」と思います。
はぎさん
2013/02/15 19:09
私は、まだつくしを食べた事がない。
いつか、つくしを食べたい
もうヘトヘト
2013/02/16 23:28
もうヘトヘトさん♪
あの苦味が酒に合うと思います。
ツクシの玉子とじ。
はぎさん
2013/02/17 07:23
「故郷は遠きにありて思うもの・・・」、帰ってみなきゃよかった、と失念してしまうほどに変えられて、自分たちの棲んでいた昔が消されてしまってますね。何処も同じ。。。
しかし、今の子供たちにとって故郷なんてなくなるんじゃないでしょうか?故郷を感じなくなる時代が・・・そういう日本人が増えて来るんですかね。
しげ
2013/02/17 07:32
しげさん♪
まだ、私が育った地区はそれほどに変化はありませんが、
少し離れると昔の面影がありません。故郷がある誰もが
思うことは昔のままの故郷でしょうね。
はぎさん
2013/02/17 12:48
つくしの つくだに 母が作って 食べたの 覚えてる なんか にがかったようなーー
seizi05
2013/02/17 15:42
つくしんぼうは、線路沿いの土手にたくさん生えていました。
今は立ち入り禁止ばかり、それに生えているのはセイタカアワダチソウばかりですね。
moumoupapa
2013/02/17 16:23
seizi05さん♪
あの苦さが美味しいのでしょうね。ここ数年は食べていません。
はぎさん
2013/02/17 18:35
moumoupapaさん♪
ツクシにタンポポは春を告げる植物です。
見ると何だかホッとします。もうすぐ春と思って。
はぎさん
2013/02/17 18:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第1031話>故郷の春をたずねて 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる