団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第1128話> 進む医療現場のIT化

<<   作成日時 : 2014/07/12 16:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20

診断はできるが治療は出来ない医師が
増えているそうだ。
医療現場のIT化が進んできた為らしい。

今じゃ血液検査さえコンピューターが
データーを出してくれる。
放射線 MRI  CTの画像処理なども
コンピューターがその結果を出してくれる。
医師はそれを見て診断すると言うわけだ。

ところが病は治療が肝心でそれを
頼りに病院へとなる。
愛知県のある大学病院では
大腸癌などの手術をロボットが行っていて
良い結果が出ているようだ。

人間 (医師) には見落としがあるが、
ロボット (コンピューター) にはそれがないと
言うことだろうか? 人の目には見えない
内蔵の裏側までロボットは発見すると
言うことだろうか?

今、「医師である前に人間たれ」と医学部の
学生達はあらためて教わっているそうだ。
医療現場のIT化は黙っていると
血が通わないものになると
言うことだろう。

それにしても
健康第一で暮らしたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
NHKのDr.Gの番組を見ますが、医者が診察していろいろなデーターを手に入れても、3人とも同じ診断を下すことは稀、総合医は経験が物を言うというのはこれでわかりますが、誰でも経験すればなれるというものでもなさそうですね。ましてやコンピューターでは難しいと思います。
What's up?
2014/07/12 17:21
なんだかなー いいんだか わるいんだかーー 微妙!
seizi05
2014/07/12 18:13
生身の体を見てもらうのはロボットでは嫌ですね〜。 やっぱり医師と会話をして状態を聞いてもらって、アドヴァイスを受けて・・・・そういう作業が気持ち的には暖かくて病気も逃げていくのではないでしょうかね?
arara
2014/07/13 05:53
「髪」を切るのも・・・ロボットがやれば・・・必ず「同じ長さ」になりますよね! そのうち 理容師(美容師も?)はいらなくなりますかね? 
まだこもよ
2014/07/13 06:24
What's up?さん♪
私も時々観ますが診断の難しさですよね。研修医の皆さんが苦悩
して診断をされますが知識と推察での格闘ですよね。それと治療
とは違った能力・技術のようです。
はぎさん
2014/07/13 07:17
seizi05さん♪
病気にならないことが一番なんですがねー。
はぎさん
2014/07/13 07:18
araraさん♪
私もそのように思うのですが、現実は知らないところでロボット
が活躍しているようですよ。そのうちに自動注射器なんて行われ
たりして。病院だけはそうあって欲しくないものです。
はぎさん
2014/07/13 07:22
まだこもよさん♪
高価な散髪代、セット代になるんでしょうね。
たしか、もう自動洗髪器はありましたよね。高価でしょうね。
はぎさん
2014/07/13 07:25
ロボットと言っても機械でしかありませんからね。使う人間の方がつかいこなせなかったら意味ないように思います。特に医療分野ではそうです。seizi05さんの「なんだかなー いいんだか わるいんだかーー 微妙!」って意見に賛成です。
ごろー
2014/07/13 11:34
ごろーさん♪
患者を5,6人殺さないと立派な医者にはなれないと言われた時代も
あったようです。これからはロボットに御礼を言わなければなら
ない時代でしょうかね。
はぎさん
2014/07/13 15:17
医療現場では日進月歩で新しい技術が誕生しているようですね。
IT技術が関るようになってから、その勢いは一層加速しているようです。
ガンの治療方法も、どんどん変っていると言うではないですか。
先日TVで見ましたが、がん細胞を凍らせて死なせてしまう技術が出来たそうです。従来は医療の世界と関係ないと思われてきた他分野の技術が、ITと結びついてすごいことをやってくれるようになったのですね。
ITの技術で、お金が増える方法が開発されれば、万病に効く薬として大きく貢献してくれると思うのですが・・・。
あきさん
2014/07/13 17:03
今ではjiseiの掛かり付け医もシステム化されて、カルテはペーパーレス、先生は端末に向かって患者と話をしながらキーボードを打ち込んでいます。
 システム化のいいところは受付で診察券を読み取るとすぐに電子カルテが医師の端末に表示されます。
 それと会計が速くなりました。医師は手に負えないと思ったら地域の拠点病院へ紹介状を書くだけで治療は必要ありません。
jisei
2014/07/13 17:08
あきさん♪
はい、聞いていて耳を疑うような手法・技術が医療現場では生か
されているようです。3Dプリンターを使っての医療技術もこれか
らは盛んに行われるようです。私共が願うことは最後には医療ス
タッフへの血の通ったケアでしょうか。
はぎさん
2014/07/14 07:18
jiseiさん♪
医師のPC入力は少し前までは違和感がありました。が、慣れてくる
と紙のカルテを書いている医師が古く感ずるから不思議です。
どんなにIT化が進んでも温かい心で患者とは接して欲しいものです。
はぎさん
2014/07/14 07:22
追伸・・・「自動洗髪機」・・・以前「100万円ぐらい」と 聞きましたが・・・
私も「高い」と思うけど・・・・手が荒れて 仕事をやめなければならないような人は・・・「100万円」は「安い」らしいですよ!?
ちなみに・・・以前「自動洗髪」を体験してみましたけど・・・手で洗うのとは違う「気持ち良さ」が ありましたね・・・(手で洗うのとは「別物」ですけど・・・)
まだこもよ
2014/07/14 08:50
まだこもよさん♪
100万円なら営業用に使えそうですね。それとも今は
リースのほうが良いのかも知れませんね。
はぎさん
2014/07/14 17:06
>大腸癌などの手術をロボットが行っていて
>良い結果が出ているようだ。
人間の医師は、信用できないところもあるから。。。
医療ミスも隠すし
もうヘトヘト
2014/07/16 01:34
もうヘトヘトさん♪
このところの医療事件はとても信じられないことが多いです。
それも有名病院でのニュースが伝わってくると寒気がします。
はぎさん
2014/07/16 07:43
ロボットもキカイですからね。手術中にいきなり誤作動しないという保証はないですよね(~_~;)
人もキカイも信用できないとなったら・・・健康第一ですね(笑)
キーブー
2014/07/17 21:29
キーブーさん♪
昨年、8cmぐらいの開腹手術をしました。抜糸がなく退院でした。
訊けば糸ではなく今は瞬間接着剤ですと言われ手術後3日目でシャ
ワーOKと言われ驚きました。ガーゼ交換なんてもちろん無しでし
た。赤チン、オキシドールで育った者には驚きです。これからは
ロボットと仲良くしなければならないようです。(笑)
はぎさん
2014/07/18 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第1128話> 進む医療現場のIT化 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる