団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第1204話> ストーブ当番

<<   作成日時 : 2015/11/02 17:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 21

冬になると思い出すことがある。
村の学校のストーブ当番だ。
さすがに火を扱うので小学校の時は
高学年になってからだった。

他のクラスメートよりも早めに登校して
教室の真ん中に陣取っているダルマ
ストーブを温めなければならなかった。
遅刻すると級友達から文句を言われた。

いつの時代もそうだろうが女子は
真面目だった。2人1組の当番を仲良く
やっていたが、男子の場合は相手に
頼ってしまって着火も遅れ気味の
ストーブ当番だった。

石炭などと言う贅沢なものは無くて
生徒達が学校へ持って来た薪だった。
コークスが割り当てられたのは
小学校を卒業する頃だったと思う。

教室の天井にはブリキの煙突が取り付
けられていて各教室からは煙が出ていた。
雪国では今も教室からの煙突があるようだ。
しかし、この辺りでは見ることがなくなった。
「ストーブ当番」
それは それで楽しい思い出だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
ストーブだったか、記憶にないけど、小学校の低学年のころは、お弁当を持っていくと、冬は暖めてもらって食べた記憶があるな、梅干の日の丸弁当、おいしかったな。
What's up?
2015/11/03 10:44
What's up?さん♪
弁当を温める箱状の物があってその中に入れて温めました。
今よりも寒かったと思うのですが、その為に苦労した覚えが
ありません。シモヤケ・アカギレもありました。
はぎさん
2015/11/03 15:17
jiseiの時代は炭火鉢でしたね、その上にせいろのようなものを置いて弁当を温める。
 昼前には教室中におかずのたくあんの匂いが充満していました。
jisei
2015/11/03 16:26
jiseiさん♪
なんとなく匂いが想像できますね。そして子供達の賑やかな
声が。アルマイトの弁当箱も懐かしいですね。
はぎさん
2015/11/04 07:49
はじめてお邪魔します。よろしくお願いします。
はぎさんより古い世代の私たちはストーブはありませんでした。
小学校から大学まで、寒さに震えながらの授業でした。
今の子たちは幸せです。
でももう一回学校へ帰って勉強はしたくないです。
nibari1948
2015/11/04 07:52
懐かしい情景を思い出させていただきました。
私の田舎では、高校まで教室にストーブがありましたよ、雪国でしたからね。
3時間目ぐらいになると、生徒たちが我れ先にストーブの上に自分の弁当を載せはじめるんです。温めるためですけどね。
そうすると4時間目には、様々なおかずの臭いが教室中にごちゃ混ぜになって広がり始めるんですよ(苦笑)。今となっては懐かしい情景でしたね。
あきさん
2015/11/04 11:06
nibari1948さん♪
はじめまして! よろしくこちらこそお願いします。
どちら方面なのか分かりませんが暖房無しの冬は寒かったでしょ
うね。でも、そのほうが能率が上がったのかも知れませんね。
子供の頃の話は懐かしくて友人ともよく語り合います。
はぎさん
2015/11/04 14:57
あきさん♪
貴兄のコメントを読ませて頂いて「そう言えば、そんなことも」と
思い出しています。今、ダルマストーブと言っても若い人は知らな
いようで、娘に絵を描いて教えました。今と違って不便な時代に育
ったはずなのに、それらを気にせずに過ぎたのは楽しい時代だった
のでしょうね。過ぎた日々は良い日々でした。ホント!
はぎさん
2015/11/04 15:05
あれれ。。。
私、北海道だったけど
ストーブ登板した記憶がない
ストーブ委員長がいたわけでもないし
誰が、ストーブの用意してくれていたのかな
用務員さん
私達の頃、40クラス前後あったから一人じゃ無理でしょ
どうしていたのだろう
もうヘトヘト
2015/11/05 12:28
もうヘトヘトさん♪
40クラスとはビッグな学校でしたね。小学校?中学校?
それぞれのクラス担当の先生が用意されていたのかな?
クラス担当の先生が40人もいらっしゃったのですね。
はぎさん
2015/11/05 15:59
そうです、そうです。学校のストーブ当番ありました。朝、前日の燃えカスを片付けるところから始まりました。そして一旦火が付くとそばの席の人は熱くてたまらない。そのうち居眠りが始まったり、昼近くになるとお弁当をそばに置いて温めました。同じ世代の人にはそのなつかしさが共通ですね〜。
arara
2015/11/06 04:58
araraさん♪
誰もがストーブのそばの席になりたくて、気のきいた先生だと
順次席替えをしてくれました。この辺り(名古屋近郊)の学校は
もう、エントツの学校は見なくなりました。
はぎさん
2015/11/06 07:20
そうだそうだこのてのストーブにご厄介になったんだ!おいらは石炭だったな
悪がきで、、、、せんせいの授業にドコンと着火するようにきょうだんに
たたれてしばらくでドコンになるよう当番したことあるよな、、、、
なつかしいいいいいいにおいが、、、もどってくよね。
なんといってもスカじゃないが  だ  る   ま  がブランドさ!!
taniyann
2015/11/06 23:06
PS,,,スイカじゃないが、、、と修正ください。ついついなつかしくて、、、
なおバケツで石炭くんできて小さいシャベルでくばたとおもいます
わざと、、くすぶらせTIMINNGをはかるという、、、、いまはやりの
自爆ダルマ!!!て、、、わけです。
たにやん
2015/11/06 23:10
taniyann たにやんさん♪
そうですかー、思い出して頂けましたか。少し学年が違った
だけで木か石炭かの違いがあったようですが。それとも地域の
違いかも知れません。ダルマストーブは鋳物で熱が上がり過ぎ
ると赤くなったように覚えています。煙突のある校舎は見かけ
なくなりました。
はぎさん
2015/11/07 07:41
ダルマ コークス ジーン なんだか 泣きたくなっちゃった
seizi05
2015/11/07 14:21
seizi05さん♪
でしょ、コークスなんて今の子供達は知らないでしょうね。
はぎさん
2015/11/07 18:28
はぎさんと 変わらない年代なんですが
わが 町(市ですが)中途半端な暖かさ(寒さかも) なのかどうかわかりませんが
どいなか 小中学校には ストーブ なんてありません
悪ガキは アオバナすすりながら授業を受けていました。
ストーブのあったところは都会なんですよね!!  きっと
Mark-V
2015/11/15 16:22
Mark-Vさん♪
へぇー、そうだったんですかぁー。それほど地理的にも年齢的にも
違わないのに不思議なことです。健康的で何よりでした。hi
はぎさん
2015/11/15 18:46
私の地域では「ストーブ」は ありませんでしたね! でも 今「私立中・高校」は 「冷暖房完備」なんだとか・・・・甘ちゃんですよね!?
まだこもよ
2015/11/17 15:18
まだこもよさん♪
私達の時代の校舎は暑い、寒いのが普通でした。
健康的だったようにも思います。
はぎさん
2015/11/18 07:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第1204話> ストーブ当番 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる