団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第1219話>認知症JR事故裁判

<<   作成日時 : 2016/03/02 14:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

画期的な最高裁の判断だった
私が住む愛知県内で91歳の男性が
JR東海の電車にはねられて死亡した。
男性は認知症で徘徊していた
最中の事故だった。

その事故の賠償責任を求めて
JR東海が提訴したものだった。
一審判決は 
妻と長男に720万円の賠償を命じた。
二審判決は
妻のみに約360万円の賠償を命じた。
そして最高裁判決は
「妻と長男に監督責任なし」と判断した。
今後も議論の余地があるものの
画期的な判決だった。

認知症の人を縛って、世間と
遮断する訳にはいかない。
かと言って親族が24時間、365日を
見守ることは不可能だ。

新聞記事の見出しにもあった
「地域で見守り 周知を」が結論だろう。
明日は我が身である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
監督責任なし でも 若干の前提はありますよね
我が家の東側は、 JRが走っています。(未電化 1〜2本/時間)
散歩コースとは、離れていないんです。いつでも散策ができます。
JR側からみれば、処理費用の一部は請求したいと思います。
この凡例が一人歩きを始めると、JRを含む鉄道会社は、処理費用が一切回収できなくなります。
鉄道会社も大変ですよね
Mark-V
2016/03/02 22:24
はぎさんのご意見い大賛成・・・大方の人たちはこの判決に拍手を送ったと思います。
踏切事故を防ぐためには鉄道会社として当然の策を講じる必要がある。それを怠っておいて、事故の処理費用を留守家族に請求するという考えは、本末転倒の話です。
>「地域で見守り 周知を」が結論だろう。
・・・・・それも大事ですね。でも、都会でそれを期待するのは無理かもしれない・・・・。
あきさん
2016/03/03 10:26
 在宅で酷い認知症の人を面倒を見るのは、やはり危険だし、そこまで家族は見守られませんという証拠です。 やはり、根本対策として介護施設を作り、危険をなくすことです。
What's up?
2016/03/03 12:13
Mark-Vさん♪
この裁判は賠償問題もさることながら介護問題の限界を言っていると
思います。私も介護実習に半年間参加をしたことがありますが、家族
などが介護するのに限界を感じ、虚しさも感じました。
はぎさん
2016/03/03 12:28
あきさん♪
ですね。現実に、明らかに様子がおかしい人には声もかけられます
が都会ではそれも難しい時代になりましたね。認知症の方々が全国
で350万人と聞くと他人事ではありません。
はぎさん
2016/03/03 12:34
What's up?さん♪
私が勤務していた会社の元役員が認知症になり徘徊がありました。
家族、親族が手を組んでいつも行方を探していました。長年付き
合った配偶者も判らなくなるのですから大変ですよね。
はぎさん
2016/03/03 12:42
我が家のご近所にまだ認知症を患った人はいませんが、聞くにつけ、見るにつけ大変なことです。ご家族の苦労はいかばかりかと。明日は自分もしくは家内に訪れる可能性がありますが、在宅介護も限界があります。
ここはやはり選良たちの仕事ですね。
nibari1948
2016/03/03 16:24
一審、二審は法律を法律通り解釈したのでしょうが、最高裁は大岡裁きでした。
jisei
2016/03/03 16:58
nibari1948さん♪
世間に介護の限界と鉄道会社への損害賠償の限界を知らせました。
自分が当事者になったらと思います。
はぎさん
2016/03/03 18:28
jiseiさん♪
人の裁きらしいところが世間的には支持されていると思います。
はぎさん
2016/03/03 18:30
この判決には驚きと喝采でした。認知症による徘徊行動はとてもとても家族が24時間見られるような状態ではありません。徘徊が始まった母の介護をたった一週間自宅でしましたが、限界を感じるしかなかったです。介護施設は今後ももっと必要になりますし、介護システムも老人の状況に合わせて次々と調整していく必要があります。明日は我が身という言葉が身近に感じられます。
arara
2016/03/04 02:55
araraさん♪
認知症にならない保証はどこにもありません。人と人は助け
あって生きなければならないとの判決に聞こえました。
はぎさん
2016/03/04 07:47
本当に、ホッとする判決ではありました。
でも同時に、介護問題が浮き彫りになりましたね。
家族の負担は限界に達しているし・・・この手の事故が万一起きたときに、どこがじゃあ損失をかぶるのか、とか。
いろいろ考えなければならないことがあると思いました。
キーブー
2016/03/04 18:30
キーブーさん♪
このような判決があったからと言って介護する身内・関係者の
方々がホッとされる訳でもないでしょうね。やはり、地域で見守る
ことが重要かと思います。
はぎさん
2016/03/05 07:36
今はなき母に どちら様? 言われたときの あの衝撃 怖かった
seizi05
2016/03/05 16:36
seizi05さん♪
皆さん、自分だけはそのようにならないとお思いのようです。
はぎさん
2016/03/05 16:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第1219話>認知症JR事故裁判 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる