団塊世代千夜一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS <第1257話>地蜂「へぼ獲り」

<<   作成日時 : 2016/10/08 15:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

夏が終わり秋になると思い出すのが
「山の遊び」の数々だ。その代表的なものが、
「自然薯掘り」と地蜂の「へぼ獲り」だ。

自然薯はご存知の方も多いだろうが、
「ヘボ」と聞いても「それは何?」とのお方も
いらっしゃると思う。私の知るかぎり愛知県、
岐阜県、長野県方面の方言と思う。

早い話が土の中に巣を作る「地蜂」のことだ。
夏休みの間の子供達の遊びで人気なのが
この「へぼ獲り」だった。

蛙とか生魚の肉を蜂に抱かせて飛ばしてやる。
一緒に目印の白綿を抱かせてその行く手を探す。
5〜6人が一組となり巣を探すのである。

煙幕などで蜂を弱らせたところの巣を取り出して
秋祭りのご馳走となる。
中身は蜂の幼虫と蜂そのものでニガテとの向きも
あるようだが、私も妻も大好きだ。

缶詰も市販されていて1缶4000円ぐらいからだ。
さすがに貴重品は価格も立派だ。
ご興味の方はyoutubeで「地蜂・へぼ・三河」などの
キーワードで検索願います。

今も山の子達はやっているのかな?
「へぼ獲り」を・・
呼んでくれればいつでも教えてやるぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
>「自然薯掘り」と地蜂の「へぼ獲り」だ。
おもしろそう
>一緒に目印の白綿を抱かせてその行く手を探す
テレビで見た事がある。
美味しいなら、一度は食べてみたい
そのまま、生で食べるのですか
味は
もうヘトヘト
2016/10/08 23:50
もうヘトヘトさん♪
蜂の佃煮と思ってください。幼虫の姿がニガテと仰る方に限って
ドジョウ、イナゴなどは姿のままお食べになります。(笑)
はぎさん
2016/10/09 07:58
話には聞いているが、やったことも見たこともないです、蜂の子、長野県の名物と聞きました。
jisei
2016/10/09 09:59
jiseiさん♪
三河山間部ではポピュラーな夏の遊び兼おかず探しでした。
たぶん、長野方面はもっと盛んだったと思います。
はぎさん
2016/10/09 11:53
蜂を食べるんですか!ちょっとびっくりですが、昔からの人の智慧なのでしょう。
書いていて今思いだしました。親族みんなで富士山界隈に行った時に瓶詰にした蜂が売られていて、みんなが「これは何?食べるの?」と聞かれましたが分かりませんでした。これが「へぼ」だったのですね!
arara
2016/10/09 15:09
araraさん♪
そうですね、缶詰もありますが瓶詰でもよく売られていますよね。
珍味で、価格もそれなりに高価です。美味しいですよ。
はぎさん
2016/10/09 16:22
うちの主人も岐阜の山育ちですから 少年時代 へぼ取りをしました。よ〜くその話を聞きました。
ハチの子 美味しいです。
可哀想と思いますが、食べると美味しい?
高級食材ですよね。
ハイジママ
2016/10/09 16:42
ハイジママさん♪
あぁ・・良かった!ご存知の方がいらっしゃって。今では珍味
扱いで高価です。田舎の秋祭りにはこのヘボ飯がないと祭りらしく
ありませんでしたよ。
はぎさん
2016/10/09 16:54
むかしむかし はなったらしのころ 蜂の巣 襲撃 煙で燻せ!うっすら 覚えあり
seizi05
2016/10/17 09:29
seizi05さん♪
う〜む、ニッポン男児でしたね。
煙で燻すことをご存知なら間違いありません。
はぎさん
2016/10/17 11:19
お久しぶりでした(微笑)。
私は鉢のことか、イナゴの佃煮とか、苦手ですね。子供の頃から採ったり食べたりしていたら、自然と慣れて、美味しく食べられるのでしょうが・・・・自然薯は大好きです。くねくねと曲がりくねったヤツを、途中で折らずに頭からシッポまで掘り出すのは大変のようですね。
あきさん
2016/10/28 16:55
あきさん♪
ご無沙汰です。このところPCの調子が悪くて皆様に失礼しています。
山の中で育つと四季に合わせて色々な山の幸を体で覚えるようです。
今の子供達はどうかな思いますね。
はぎさん
2016/10/29 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
<第1257話>地蜂「へぼ獲り」 団塊世代千夜一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる